認定研修及び認定団体申請関係様式

〇認定研修の申請をされる方は、研修を実施する月の前々月の15日までに、①と④の様式にて申請してください。

〇認定団体の申請をされる方は、②と⑤の様式にて申請してください。なお、認定後は、研修を実施する日の1月前までに、③の様式にて申請してください。

〇研修終了後、認定研修の主催団体の方は、⑥の様式にて出席者名簿を作成し、速やかに提出してください。※出席者数が多い場合は、エクセルデータでご提出ください。その場合は、本会事務局までお問い合わせください。

〇講師の認定要件について
講師は、税理士又は士業団体(弁護士、公認会計士、弁理士、司法書士、不動産鑑定士、中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士、土地家屋調査士)に所属する者のほか、大学教授、准教授、助教及び講師並びに税務官公署の職員などとしています。(四国税理士会研修細則実施要領 第26条)

① 認定研修申請書(研修細則実施要領 第1号様式) PDF ワード
② 認定団体申請書(研修細則実施要領 第2号様式) PDF ワード
③ 認定研修届出書(研修細則実施要領 第3号様式) PDF ワード
④ 認定研修に関するチェックリスト(「研修関係諸規則」に関する運用指針) PDF ワード
⑤ 認定団体に関するチェックリスト(「研修関係諸規則」に関する運用指針) PDF ワード
⑥ 認定研修届出書(研修細則実施要領 第4号様式) PDF ワード